2012年11月30日

ホテル旅館 ------ 効果的リニューアルの手法 焦点を絞った投資で最大限の効果を狙う!

月刊ホテル旅館
2012年11月22日発売号 の目次


《特集》 効果的リニューアルの手法 焦点を絞った投資で最大限の効果を狙う!

定期的な設備投資が必要である旅館・ホテルは、どこに、どれだけ、どのように投資を行なうかが非常に重要になってきます。最大限の効果をあげるために、どのような設備投資を行なうべきか、緻密な計画が必要です。
本特集では、明確な目的と将来像を持ってリニューアルを実践した旅館・ホテルを事例に、効果的リニューアルの手法を探ります。

◆6つの成功事例に見る賢いリニューアルの方法
都市型旅館の弱点を武器に変える個性派客室を投入
土佐御苑(高知県・高知市)

女性が提案する女性のための和風旅館。全面改装で新たなブランド構築を図る
別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ(大分県・別府温泉)

城崎の自然をテーマにしたジャパニーズモダンスタイルの客室を整備
湯楽(兵庫県・城崎温泉)

伝統的意匠と現代的素材を組み合わせた“新客室”を創造
かつうら御苑(和歌山県・南紀勝浦温泉)

女性大浴場と展望貸切風呂で「風呂力」の強化を実現
ホテル小柳(新潟県・湯田上温泉)

和のテイストを取り入れ、唯一無二を訴求
浅草ビューホテル(東京・台東区)

《寄稿》 観光国際化時代の旅館改装
―― 海外マーケットに対応する施設づくりを考える(永宮和美)

◆ホテル・旅館の客室リニューアルをサポートする最新メーカー情報

《ZOOM UP》 「第21回全旅連青年部全国大会in美ら島沖縄」レポート
次世代を担う若き経営者集団のパワー炸裂!

《CLOSE UP》 ハイアット リージェンシー 大阪が
独立型婚礼施設「サンクチュアリ」を新設
―― マーク フォックスウェル総支配人 インタビュー

ほか


posted by ヤドカリ at 14:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

新生「パレスホテル東京」の挑戦 老舗ホテルが満を持して激戦市場に再登場!

月刊ホテル旅館
7月号 (2012年06月22日発売) の目次


《特集》 新生「パレスホテル東京」の挑戦 老舗ホテルが満を持して激戦市場に再登場!

近年、大規模な再開発が進む丸の内地区に、またひとつ、新たなランドマークと呼べる新ホテルが誕生した。3年余りの時を経て再開業した「パレスホテル東京」だ。場所は千代田区丸の内1-1-1という絶好立地。東京を代表する国産老舗ホテルが、施設だけでなく、ブランドコンセプトから抜本的な刷新を行ない、リ・ポジショニングを図った狙いはどこにあるのか。まずは全290室のラグジュアリーホテルとして新たな姿を見せたパレスホテル東京の主要施設ビジュアルを徹底解剖する。

◆主要施設のスペック&デザイン解説
ホテル周囲の自然をモチーフに採り入れたモダン&コンテンポラリーなデザインに注目


(株)パレスホテル 取締役社長 小林 節 氏
「今、まさに「第二の創業」。
ブランドコンセプトを早急に確立し、100年先を見据えた経営を」

◆ブランド構想全容と事業計画の概要
遺産の継承ではなく進化を選び 新コンセプト・新業態で再出発


パレスホテル東京 取締役 総支配人 渡部 勝 氏
「過去の実績にとらわれず日本を代表する新たなホテルへの挑戦を続けます」

◆主要4部門の戦略と戦力分析
宿泊:コーポレートを基盤に個人客需要を強化
料飲:次世代顧客に訴求する斬新コンセプト店も登場
宴会;ハードとロケーションを圧倒的な武器に受注拡大
スパ:50分間のメニューを充実させ、と都心需要に対応

《特別企画》
ホテル・旅館の環境対策最前線
エコホテル再燃なるか、進化の道筋を探る
 ホテルジャーナリスト せきねきょうこ

《GMインタビュー》
ザ・リッツ・カールトン沖縄 総支配人 吉江 潤 氏
日本3番目のリッツ・カールトンが狙う
沖縄ラグジュアリーリゾートの需要拡大

ほか
posted by ヤドカリ at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。